「日々新しい情報を吸収し続けること」を大切にしています
アトムストーリー槇野 あゆみの似顔絵
名前
槇野 あゆみ
職種
オピニオンレシーバー
入社年
2019年

職種(仕事)のミッション

私は、オピニオンレシーバーというポジションを担当しており、リード獲得・展示会出展の企画運営・商談など、幅広い業務に携われることができます。

会社の第一印象となるポジションなので、「いかにクライアントの役に立てるか」をお伝えることを大切にしています。クライアントの課題をヒアリングし、パラパラ漫画ムービーを含めあらゆる手法の中から、どの訴求方法がベストなのかをご提案する仕事です。

「どんな課題に対してどんな悩みを抱えているのか」「目的に対してどんな未来を描いているのか」を聞き出し、見積書や提案書の作成、クライアントの上長様へのプレゼンなども行っています。最近では、見込みのお客様をいかにして商談化させるか、DMの企画など潜在顧客へのナーチャリングも業務の一環として取り組み見始めました。将来的にはマーケティング分野で活躍できるよう知識に磨きをかけていきたいと思っています。

私が想うアトムストーリーの魅力

アトムストーリーは全員リモート体制で働いていますが、チームメンバーが「いつでも声をかけてください」という言葉をいつもかけてくれます。

案件の進め方がわからない時や過去の事例を参考にしたい時には、チャットや電話、オンライン会議で丁寧に回答してくれるので、とても相談しやすい環境です。定期的に社内の改善点や意見を持ち寄れる場もあり、「アトムストーリーを良くしていこう」という向上心のあるメンバーが集まっています。そういった環境があるからこそ仕事とプライベートの両立ができ、自分の無理ないペースで働けるのがアトムストーリーの魅力だと感じています。

アトムストーリー槇野 あゆみの仕事に対する想いイラスト

仕事に対する想い

商談の中でクライアントが気づいていなかった課題を言語化し、「アトムストーリーに相談して良かった」と言っていただけた時は、やりがいを感じます。私は、「日々新しい情報を吸収し続けること」を大事にしています。

そのために日々、本を読んだり、知らない単語をメモしたり、研修に参加したりしながら新しい情報を取り入れるようにしています。相手と「誠実・堅実・謙虚」に接することを心がけながら「追及していく」姿勢を忘れずに日々業務をしています。

仕事の面白い部分・苦労した部分

商談中に、クライアントから自分の仮説通りの回答がなかった時が面白くもあり、苦労する場面でもあります。自分の用意していた商材でクライアントに満足していただけない時には、「どんなことを望んでいるのか」本音で話していただけるように、まず「アトムストーリーのことを知ってもらう」ことを心がけています。

時には、「企業の課題」だけではなく「担当者の課題」の相談にのることも。誠実に対応することで信頼関係を築き、クライアントの本質的な課題発見ができるよう務めています。一筋縄ではいかない案件ほど、受注いただけた時には達成感があり、成長できたと実感する瞬間でもあります。

ある日のスケジュール

始業
始業時、まずメール確認をおこないます。急ぎで返信しなければならない連絡事項はないか確認しあれば対応します。

商談状況確認
商談を管理している社内ツールを使って商談のフェーズに遅れがないか、確認します。

昼休憩
その日のスケジュールに合わせたタイミングで休憩をとっています。

商談
クライアントが弊社に期待していることは何かなどヒアリングし、クライアントに合った訴求方法をご提案します。予算、納期、決定までのフロー、決定事項に必要な材料は何かなどを確認します。今後どのように商談を進めていくか、商談の最後にすり合わせを行います。
商談は平均で週に3~4件、繁忙期は1日に3件ほどの商談を行うこともあります。

活動報告
上長に商談の状況を報告します。議事録に加えて、商談の改善点や自分なりに上手くいった行動を報告します。商談でスムーズにいかなかったことは、上長からフィードバックを貰えるので、次回の行動に活かしています。

見積もり・提案書作成
見積書・提案書を作成します。
先方の要望などを加味し、予算最大限でご提案できることを見積もりに反映します。
時には、上長・漫画家と交渉することも。
初めてお客様に金額が載った見積書に触れる機会となるので、間違いがないよう念入りにチェックします。

終業

お見積もり依頼や詳しいご相談をされたい場合には
お問い合わせフォームをご利用ください。